ブログ

女性活躍が進まない理由?!男尊女子

女性活躍が進まない理由?!男尊女子

チャンスがあっても飛び込まない、手を上げない女性たち。そうして、女性活躍が進まないのは女性自身の中に「男性を立てようとする意識」のではないか?
その指摘に、心にひっかかったものがありました。この数年、女性は育児・家事、男性は仕事、という役割分担がまた進んだような気もしているからです。現役キャリアカウンセラーのコラムです。

小さな女子マネの精神を誰でも持っている?!

30代以上・未婚・子ナシの女性を「負け犬」と称して当時話題になった、エッセイストの酒井順子さん。「男尊女子」という言葉で、現代の女性の心の中にある「男性を立てようとする意識」を説明しています。

男性と並ぶ、時には男性よりも前に出ると、日本ではまだまだ目立ちすぎたり叩かれたりする。それであれば、一歩後ろに下がって男性を立てておいたほうが無難である。さらに、男性の世話をする女子マネの精神を女性が持っていることにも触れているのです。

参照:HUFFPOSTより「男尊女子」って? エッセイスト酒井順子さんと語る、心の中にある”小さな女子マネ”の精神

時代に逆行している?!

確かに、現実の社会では女性が男性と並ぶ、前に出ると不協和音が出ることがあります。けれども、男女雇用均等法が整備されたあたりから、女性達も交渉し、小さいな一歩を進めてきていたのではないでしょうか。

それが最近になって、「やっぱり女性は一歩後ろに下がったほうがいい」という流れに、戻ってきているような感覚を覚えることがあります。例えば、「女性の評価が低い」「女性には活躍のチャンスがない」ことを理由に転職・独立をした女性が、家庭では「夫は仕事が忙しいので頼めない」と家事育児を一手に引き受けている話を聞いたり、娘にだけ家事を厳しく教えているという話を聞いたりすると、何かがざわつくことがあるのです。

 

かつて、女性社員だけ「●●ちゃん」と呼び(どんなに経験があっても)、会議で意見を言うと不快な態度を出す男性上司と出会ったことがあります。新人がお客様対応をすることが決まっていた職場で「男性はやらなくていいのよ」とおっしゃる年上の女性の先輩に驚いたことがあります。

けれども、また最近になって職場でも家庭でも、男性を立てるという話を見聞きすることが増えたように思うのです。一時期、男性上司やパートナーに必死に交渉していた時代はなかったことになっているような、不思議な感覚です。

それらの事象を、男性側、子供たちは、どう思っているのでしょうか?私たち自身が家庭や職場で、無意識に男性と女性への接し方を変えていないでしょうか?

違和感を感じたときには立ち止まって考えておきたいものですね。

 

《個人の方向けサービス》

キャリアカウンセリング

 

《企業向けサービス》

再就職セミナー/キャリア見直しセミナー

企業向けメンターサービス

 

《参考コラム》

男女平等格差は先進国の中でも最低水準!女性活用が必要な理由

女性は下駄を履かせてもらっていい?!女性活躍推進の背景

関連記事

ページ上部へ戻る