ブログ

年齢が気になって動けない時の、35歳からの対処法

年齢が気になって動けない時の、35歳からの対処法

転職や再就職、独立の際に「もう40歳だから」「50歳だから」等と”年齢”を気にして次へ進めない、という方のご相談を受けることがあります。

そこで今回は、”年齢”の枠を外して前に進むためのちょっとしたヒントをお伝えします。

 

過去の自分を過大評価していないか

過去のある時期のことを「あの時期は充実していた」と言う方ほど、その時期に比べて「現在の自分」は低い時期にいる考える傾向があります。
例えば、30歳の時の自分は仕事を任されてイキイキしていたのに、40歳の今の自分はやりがいのある仕事に就いておらず今一つの状態にいる。といった状態です。

けれども、「仕事を任されてイキイキしていた自分」を客観的に見ると、上司の采配で恵まれた最初の大きなチャンスで自分の中でのインパクトが大きかっただけなのかもしれません。現在は新しい部署に異動となり苦労しているが、考え方によってはキャリアを広げるチャンスで、周囲からの期待も厚いのかもしれません。

過去の自分を過大評価しているのかもしれないのです。

 

現在持っている財産を過小評価していないか

また、久しぶりの仕事復帰の場合は、「ブランクがなければもっと活躍できていたのに」と想像してしまうこともあるでしょう。けれども、本当に活躍していたでしょうか?それを望んでいたのでしょうか?
退職を決断したからこそ得られたものがあるはずです。プライベートの時間や家族との時間、新たな経験などです。手に入れたものもあるのです。隣の芝生は青く見えますが、自分も他人から見たら青い芝生を持っているのです。

 

現在の自分が持っている財産を過小評価しているのかもしれないのです。

 

過去と現在を擦り合わせて次へ進む

現在はイキイキしていない…と思っているのは自分だけで周囲から見たら十分イキイキしています。多様な経験を重ねて人間力が磨かれているからです。
過去にとらわれ過ぎるのは「ある時代にこだわりすぎて、成長が難しい人」と判断されてしまうかもしれません。

周りが若い人ばかりだから、と若手と自分を比較するのは「若いときの自分と競っている」という印象を受けます。
もう定年まで●●年だから、と制限をかけてしまうのは「それでも特別に対応してほしいと受身な人」という印象を受けます。

「今、ここ」にいる自分を、まず自分が肯定し、そのままで勝負していけばよいのです。自分が思っているほど周囲は気にしていないのです。

 

人生100年時代、70代や80代でも働き続ける方も増える時代になりつつあります。過去の自分の過大評価を見直し、現在持っている財産を確かめ、擦り合わせて次へ進んでいきましょう。
専門家として個人の方のご相談にも乗っています。

 

35歳からのキャリアカウンセリング

キャリア見直し/再就職セミナー

 

《参考コラム》

【35歳からのキャリアストレッチ】年齢リミットから目を背けないために

【コラム】40歳からグッと広げる!キャリア開発の3つの視点

 

関連記事

ページ上部へ戻る