ブログ

続 誰も教えてくれなかった、働くと幸せの関係

続 誰も教えてくれなかった、働くと幸せの関係

働くと幸せの関係について、現役キャリアカウンセラーの日々の生活の中から感じることを紹介します。

幸せな生活を送っているかの視点

最近、糸井重里さんのインタビュー記事で「健全な人にはかなわない」というお話が話題になりました※。寝食を忘れて働いて実績を出しても瞬間的なもの。ちゃんとメシ食って、ちゃんと風呂に入って、ちゃんと寝てる人に追い抜かれるというのです。また、Well-Beingという考え方が欧米から伝わり「身体的・精神的及び社会的に良好な状態であるか」を企業、働く人双方が考えるようになりました。日々の生活で「しあわせ」を感じられてなければ、心身の健康を維持できる生活を送ってなければ、仕事の幸せにもつながっていなかないのではという投げかけが始まっているのです。

AERA糸井重里から働く人へ ちゃんとメシ食って、風呂入って、寝てる人にはかなわない

まずできることとは

「人間らしい生活を送りたい」と高年収だけれど長時間労働必須の職場を離れて転職を果たす方は少なくありません。また、「自然の中で過ごしたい」「子供を環境の良い土地で育てたい」と地方移住を決断する方もいます。

そのきっかけとして、体調不良、家族の行動に変化が現れるなどがあります。普段の生活の中で、何か違和感を感じたら時間をとってこれからのことを考えてみるとよいでしょう。

 

環境を変えるときに注意すること

食生活や生活習慣を変える、住む場所を変える、転職する、フリーランスへ転向するなど、「環境を変える」ときに注意したいのが、優先順位をつけることと一度にすべてのことを変えないということです。

ストイックになりすぎたり、資金がないまま仕事を辞めて生活に困りストレスを抱えないように、何を変えて何は変えなくてよいのかを判断するのです。また、ワクワクすることでも一度に複数の変化が起こると体に負担がかかることがあります。

最初は仕事を変えて、半年ほどして慣れたら住む場所を変える等、計画を立てておきましょう。

 

ライフプランは何度でも修正していい

人生100年時代、70代、80代まで働き続けるかもしれない時代といわれています。以前立てたライフプランを、時代に合わせて修正していく必要もあるでしょう。

幸福額の前野教授によると怒りやすい人は生存率にも影響があるそうです*。最近、笑えなくなってきたと思ったときが修正のタイミングかもしれません。周囲の人に、自分の様子を聞いてみるのもよいでしょう。

*ウートピ 身近な人にキツく当たってしまう貴女へ 「幸福学」の研究者が実践するメントレ法

 

専門家としてアドバイスもしています。

セミナー実績

企業向けメンターサービス

個人向けキャリアカウンセリング

 

《参考コラム》

誰も教えてくれなかった、働くと幸せの関係

本当に新しい働き方?!リモートワーク時代の考え方

事業計画を辞めて感度を上げる!クルミドコーヒーの経営学

関連記事

ページ上部へ戻る