ブログ

40歳からの転職で重視される、柔軟性とは

40歳からの転職で重視される、柔軟性とは

40歳の節目に合わせて、「最後の転職にしたい」「独立したい」と活動を開始される方も増えてきました。30代後半から40代にかけてのミドル層の転職も以前に比べると活発化しているとの見方もあります。

40代が市場で需要視されるのは経験スキルだけではない

転職市場では、40代の転職で「柔軟性」を重要視されるといわれています。柔軟性とはどのようなことを指しているのでしょうか。実際のところをキャリアカウンセラーが解説します。

 

採用側のメリット

一般的に企業が30代後半から40代のミドル層に期待していることは、即戦力や統率力といった組織の中での【起爆剤として活躍する存在】です。部署の売上を上げたい、新規事業を軌道に乗せたい、管理職として外部人材を配置したい等の明確な目的があるのです。求人内容には「同業界で●●事業を牽引してきた実績」「マネジメント経験」などの条件がいくつか記載があるはずです。まずは確認しておきましょう。

同時に、「上層部と若手との調整役」「上層部のアドバイザーとしての役割や若手の相談役」としての役割も期待されているものです。
企業が期待する実際のところを想像し、まずはレジュメで条件に合う人材であることと、ミドル層ならではの強みを持つことを記載していきましょう。

応募しても、「オーバースペック」として敬遠されたとしたら、企業が期待しているよりも下のポジション、ジュニアクラス向けのポジションに応募しているのかもしれません。
もう一度見直してみましょう。

 

働く側のメリット

転職を機に、手が届く距離にある範囲でキャリアストレッチを行うのもミドル層にはお勧めです。これまでは「同じ業界の同じ仕事」で転職を成功させてきたかもしれません。けれども、会社を変えるだけの「スライド」の場合は、自分自身も物足りなさを感じるかもしれません。今回は、異なる業界への転職や、担当領域を広げての転職にもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。一つのジャンルをある程度極めていたとしたら、二つ目のジャンルを極めてみるのもワクワクする体験になるでしょう。

経理や人事から、管理部門全体を見るオフィスマネージャーとして中小企業へ転職、マーケティングから新規事業企画へ転職、管理部門から営業職へ転職等の事例もあります。

 

新しい時代の40代

かつて40歳は「人生80年の折り返し」「定年まで20年」と言われていました。けれども、最近は人生100年時代と言われ、定年延長や、セカンドキャリア・サードキャリアという言葉もよく聞かれるようになりました。実際に周囲でも、50代以降に新しい事業を始める方や仕事を変える方も少なくありません。「あと〇年しかない」から「まだ先が長い」と市場の捉え方も変化しているのです。時代が変わりつつある今、仕事の選び方やキャリアの形成も変わりつつあります。

40歳からは、企業のミドル層への期待を理解しつつ、自分のキャリアストレッチも取り入れながら、新たなチャレンジをしていきましょう。そのために、常に自分自身の「興味」「能力」「価値観」を見直すこと、ライフプランを修正していくことも大切です。専門家としてアドバイスしています。

 

個人向けキャリアカウンセリング

 

《参考コラム》

自分のビジネスモデルを変える理由【40歳のキャリア】
均等法世代と育休世代、違いを乗り越えるヒントとは
大人のオープンマインドでキャリアを創る【40歳からのキャリア】

関連記事

ページ上部へ戻る