カウンセラーコラム

  1. 企業内コンサルティングを行う【キャリアカウンセラーへの道】

    企業内コンサルティングを行う【キャリアカウンセラーへの道】キャリアカウンセラーを目指す方向けのコラム。今回は、企業の中でキャリアコンサルティングを実施する際の注意点をお伝えします。市場価値を伝える企業内コンサルティングの場面で、よく聞かれることの一つが「市場価値」です。

  2. 正社員至上主義からの脱却

    正社員至上主義からの脱却雇用形態にかかわらず、同一労働同一賃金とする動きが進んでいます。副業解禁や、フリーランスで働く方が増えているというニュースもありますが、結局のところ、日本では正社員を目指すべきとされる風潮があるのではないでしょうか。現役キャリアカウンセラーのコラムです。

  3. 何をやりたいかを問われる時代【ミドル層の転職事情】

    何をやりたいかを問われる時代【ミドル層の転職事情】転職や再就職の場面では、何をやってきたかだけでなく、何をやりたいか(will)を聞かれることが多くなりました。「これから何をやりたいのですか?「今、何ができますか」と聞かれるのです。

  4. 角度を変えて見せる【キャリアカウンセラーへの道】

    角度を変えて見せる【キャリアカウンセラーへの道】キャリアカウンセラーを目指す方向けのコラム。今回のテーマは「角度を変えて見せる」です。別の人の視点職場環境についてのご相談では、人間関係の悩みもよくお聞きします。上司、部下、同僚等、接する時間が長いからこそ、関わり方に悩むケースもあるものです。

  5. キャリア開発の壁は、過去の自分

    キャリア開発の壁は、過去の自分社会人経験が長くなると、ある程度の仕事は「慣れ」でこなせるようになります。けれども、そのままの状態を続けていると、時代のニーズからのズレやスキルのサビ付きに気づいて焦る瞬間もあります。どのようにしたら、その状態から抜け出せるのでしょうか。

  6. ミドル世代のキャリア【見た目をアップデートする】

    ミドル世代のキャリア【見た目をアップデートする】アラフォー世代を対象とした就職氷河期世代のキャリア支援、45歳以上が対象の大手企業の早期退職、人生100年時代の50代からの働き方セミナーなど、40代・50代からのキャリアを見直す動きが活発となっています。

  7. 世代間ギャップの乗り越え方

    世代間ギャップの乗り越え方生まれた時からインターネットの世界があったデジタルネイティブ世代。IT関連の仕事では「ミドルやシニア世代は若手にはかなわない」という概念が広まりつつあります。

  8. コンセプトを育てていくこと

    コンセプトを育てていくこと5・6年前、ワーキングママの支援をする中、ママ以外の周囲のことが気になる瞬間がありました。子育てしながら働き続ける環境が整ってなかった時代から、少しずつ変わってきた時代でした。

  9. 重要なのは能力や経験の多様性【ダイバーシティの本当のところ】

    重要なのは能力や経験の多様性【ダイバーシティの本当のところ】「ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学」によると、ダイバーシティ推進には2種類あり、能力や経験の多様性を推進するほうが、目に見える違い(年齢や性別等)の多様性を推進するよりも、効果が表れるというのです。

  10. 地方に貢献したい、を具体化!GEWEL交流会より

    地方に貢献したい、を具体化!GEWEL交流会より理事として活動するNPO法人GEWELにて、「地方の活性化と共生」をテーマにした交流会を開催しました。地方のために何かやりたい、地元を活性化したいが、具体的に何から始めたらよいか悩む方は多いものです。交流会からヒントをお届けします。

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る