カウンセラーコラム

  1. 選択肢を増やすという考え方【35歳からのダイバーシティ】

    選択肢を増やすという考え方【35歳からのダイバーシティ】最近、気になったニュースの一つが「職場で女性がヒール・パンプスを履くことの強制を辞めよう」という運動、#KuTooです。人によっては靴擦れや腰への負担など健康に影響があることもあり、無理して履かなくてもよいのではないかということです。

  2. 職場に入る人と、人を受け入れる人のストレス

    職場に入る人と、人を受け入れる人のストレス新年度に入って1か月が過ぎました。転職や異動、久しぶりの仕事復帰などで疲れがたまってきたという方もいるのではないでしょうか。気を付けたいのは、「新しい人材を受け入れる側」にいる方にも疲れが出ているかもしれないということです。

  3. 家事力と少子化の深い関係

    38年連続で子供の数が減っているというニュースが発表されました。※注目したいのは「 夫の家事・育児時間が長いほど、第2子以降の出生割合が高い」という調査結果です。※2少子化を改善するには、「産みたい人が産むことができる環境の整備」が大切だからです。

  4. ダイバーシティからサステナビリティへ

    持続可能という意味の、サステナビリティという言葉をよく耳にするようになりました。2015年国連サミットで採択された国際目標「持続可能な開発のための2030アジェンダ SDGs」 では、具体的なゴールも設定されています。私たち個人ではどのような関りを行っていけばよいのでしょうか。

  5. フリーランスだからリモートワーク、とは限らない理由

    フリーランスだからリモートワーク、とは限らない理由フリーランス転向を考えるきっかけとして「リモートワークをしたい」とお者る方は多いものです。子育てや介護、ご自身の活動との両立を考えると、通勤時間がもったいない、他の活動をしながらリモートで働きたいと考えるのは自然の流れです。

  6. コラム執筆

    フリーランス女性向けメディアCue、主婦応援サイトシュフィール、等、掲載されたコラムの一覧です。「ダイバーシティ」「キャリア開発」「新しい働き方」「再就職」等のテーマで執筆しています。

  7. ロジカルでないかもしれない人の対処法

    ロジカルでないかもしれない人の対処法ビジネスの場では「ロジカルであるかどうか」が話題になることが良くあります。筋が通っている、根拠を示しながらわかりやすく説明できるなどの意味でつかわれています。

  8. 女性教授の割合は14%。アカデミック領域での女性活躍の実際

    女性教授の割合は14%。アカデミック領域での女性活躍の実際入学・進学の季節になりました。新しい環境に進む方も多いことと思います。私自身も今年度から大学院へ進学することとなりました。入学式出席の体験から、気づいたことをご紹介しています。

  9. フリーランス、会社員時代の資産が枯渇したらどうする?

    フリーランス、会社員時代の資産が枯渇したらどうする?会社員を卒業して、フリーランスとして仕事を始めた方に対して、「会社員時代の経験・スキルを使い切ったら終わりでは?」という声を聞くこともあります。

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る