ブログ

正社員至上主義からの脱却

正社員至上主義からの脱却

雇用形態にかかわらず、同一労働同一賃金とする動きが進んでいます。副業解禁や、フリーランスで働く方が増えているというニュースもありますが、結局のところ、日本では正社員を目指すべきとされる風潮があるのではないでしょうか。現役キャリアカウンセラーのコラムです。

報酬の根拠を明確にできるか

正社員で働くメリットの一つが、安定した収入でしょう。企業によって決められた等級に沿って、給与が支払われます。

一方で、非正規社員の場合は、提示された金額に納得できなければ、自分が何ができていくらの報酬に値するかを交渉しなくてはなりません。高いと判断されて、話が進まないこともありますが、時給や日給レベルで照合すると正社員に比べて高い感覚があるからでしょう。

けれども、正社員の給与の妥当性についてはそこまで真剣な議論とならないように感じます。

等級に見合わないからと、減額やクラス替えが頻繁に行われるでしょうか。

就社か、仕事選択かの違い

日本では、就職とは会社に入ること、すなわち「就社」の意味合いが強いと感じます。「就社」する正社員はその企業への忠誠心や仕事へのコミットメントが高いと判断されるため、教育訓練を施して育て、より責任が重い仕事を任せられるという構図です。

それに比べて、非正規社員は仕事内容や働く機会などを軸に選ぶと判断されることが多いため、教育訓練の機会や責任がある仕事を任せられる機会が少なくなるのではないでしょうか。

けれども、終身雇用制度が崩れつつある今の時代は、その垣根は低くなり、雇用形態を行き来する人材も出てきています。正社員を選ぶ方が「就社」「コミットメントが高い」とも言い難くなっているのではないでしょうか。

雇用形態別ではなく、個人によって評価が変わる時代になり、この人材にはいくら払いたいかで選ばれつつあると感じています。

 

適職診断ワークショップ/再就職セミナー

 

自分らしい仕事の探し方【動画レッスン】

 

関連記事

ページ上部へ戻る